FCF代表でマーケティング担当のイガゴー(@gogoigarashi)です。

このページに訪れている方は、食のコンテンツ周りで何かしらの課題感を感じている人ではないかと思います。

こちらのページは、その課題をクリアする手助けになりたいという思いで作成しています。

 

単刀直入ですが、コンテンツマーケティングでこんな悩みありませんか

  • レシピ動画をやりたいけど、やれていない。やったけど、結果が見えない。
  • SEOで順位が上がらない
  • SNSを売上に結びつけたいけど、やり方がわからない。やったけど、結果が見えない。

FCF流オウンドメディア運用攻略法をご紹介する前に、FCFのこれまでの実績を記載します。コンテンツマーケティングを効果的に行えば、結果を出せることがお分かりいただけると思います。

デジタル広告(Google/Youtube/SNS)の運用実績

・1ヶ月でTwitter1600万リーチ 19万拡散獲得(大手レシピメディアの広告*imp/単価の8倍の*ROI)
・人在不況にあえぐ外食企業の新卒獲得コスト12万円/人獲得(同業社では80万円かけてもとれないこともあり、ROI5倍)
・Google広告 イガゴーチャンネル登録者類似リストで一般カテゴリーの3倍のROIでチャンネル登録獲得(*DSP500万/youtube200万)

*imp…広告がユーザーに表示されること

*ROI…投資に対するリターンのこと

*DSP…広告出稿の費用対効果を高めたい広告主のためのサービスのこと

コンテンツの企画制作実績

・コラム記事 オウンドメディア立ち上げから 3年で40万以上のSNS拡散を獲得
・コラム記事 人気SEOキーワード上位獲得 1記事でGoogle広告換算流入価値50万円/月
・コラム記事 ECサイトで新規購入者が3ヶ月で1.5倍
・レシピ動画 国内No.1動画メディアで平均Like数11倍獲得
・レシピ動画 大手通信会社のレシピ動画メディア立ち上げ初月で平均Like数1.5倍獲得
・レシピ動画 1ヶ月でTwitterフォロワー27,000獲得

コンテンツマーケティングの分野での障害 

コンテンツマーケティングの分野で私が障害に感じることは、クライアント企業内のデジタルマーケティングのリテラシー格差です。

 

例えば…

  • 会社の上層部がコンテンツマーケティングをわかっていない、上層部に的確な説明ができない。
  • ファンドから出向した社長がデジタルに強くても現場に落とせない。

 

そこで、私は一枚の戦略を連ねた「僭越シート」(僭越ながら僕が戦略を作る立場ならこうやります、とズケズケと戦略を書いた紙)を作り、社内で共有いただいています。 一人でも多くの熱意あるマーケターの方の力になりたいので、できれば全員の会社で教えたいのですがそうもいきません。

 

だから、FCF流オウンドメディア運用攻略法を漫画で書くことにしました。

それがオウンドメディア運用虎の巻です。

運用虎の巻を読んだマーケターの方が「やってみたら面白いんじゃない?」くらいの気持ちで気軽にトライして結果が出ることを意図しています。ぜひ読んで実践してみませんか。

 










この記事を書いたのは…

五十嵐 豪

フードクリエイティブファクトリー代表取締役/しかない料理研究家/ヘンタイ祭り実行委員責任者 21歳大学生で所持金4万円、未経験から料理研究家に。農水省、経産省、サントリー、味の素など行政/大手企業のキャラクターやレシピ開発を担当。TVでは日テレOha4、BSの番組でレギュラーコーナーをもち、Jcom男子料理道場のMC兼プロデューサーを担当。FCFではコンテンツマーケティング戦略を得意とし、人材採用・プロモーションの分野で高いROIでターゲットを獲得する実績をもつ。和食会席大手の北大路の採用獲得コスト75%減などプロジェクトでは高い結果を得ている。日本武道館で5000人を前に「ヘンタイであれ」とスピーチしたことがある。