ペルー大使館様からのご依頼で、アジア最大級の食品・飲料専門展示会「FOODEX JAPAN」で、管理栄養士・スーパーフードマイスターの五十嵐ゆかりがペルーのスーパーフードについて講演をしました。

 

ペルーにはさまざまなスーパーフードがあります。その中から今回ご紹介したのは、キヌア、カカオニブ、アボカドです。それぞれの特徴や栄養面で期待できる働き、料理での使い方についてお話をしました。

 

講演を聴いていただいた皆さんに質問をしたところ、特にカカオニブは食べたことがない方が多いようでした。

まだまだなじみのない食材ではありますが、最近は人気のスイーツ屋さんやカフェなどでも扱われるようになってきたので、今後目にする機会が増えていきそうです。

https://www.jma.or.jp/foodex/

この記事を書いたのは…

五十嵐 豪

フードクリエイティブファクトリー代表取締役/しかない料理研究家/ヘンタイ祭り実行委員責任者 21歳大学生で所持金4万円、未経験から料理研究家に。農水省、経産省、サントリー、味の素など行政/大手企業のキャラクターやレシピ開発を担当。TVでは日テレOha4、BSの番組でレギュラーコーナーをもち、Jcom男子料理道場のMC兼プロデューサーを担当。FCFではコンテンツマーケティング戦略を得意とし、人材採用・プロモーションの分野で高いROIでターゲットを獲得する実績をもつ。和食会席大手の北大路の採用獲得コスト75%減などプロジェクトでは高い結果を得ている。日本武道館で5000人を前に「ヘンタイであれ」とスピーチしたことがある。