岡山県産の野菜を独自の低温乾燥技術で風味と食感を残して加工した「乾物八百屋」のブランドから新作が発売!
その名も「しあわせ野菜ご飯」です。
FCFではパッケージデザインを担当しました。
 
軽いパッケージに乾燥調味料、乾燥野菜が入っていて、炊飯器で炊くだけで野菜たっぷり炊き込みご飯が作れます。

もちろんフライパンやお鍋でもご飯、リゾットが炊けますよ。

こちらはパエリアミックス!

お客様が商品を食卓に置くイメージがつくように、調理完成例を入れました。
「幸せ野菜ご飯」だったところは野菜を強調するために「しあわせ野菜ご飯」の表記に変更を提案しました。
パッケージのコピーもFCFで担当させていただきました。
トータルでコンテンツプロモーションやサイト制作も担当していたので、勝手がわかるディレクターがデザインした方が効率がいいですね。
 
他にもダイキフーズさんではこんな仕事をしています。
【商品開発】健康、キレイを応援する ダイキフーズさまの「しあわせ野菜ご飯」
岡山県産の乾燥野菜にこだわるダイキフーズのWEBを制作しました
【ダイキフーズさまHP掲載】『乾物八百屋(乾燥野菜)』を使用したレシピをご紹介しています。
【デザイン】ダイキフーズさま「しあわせ野菜ご飯」のシールデザインを担当いたしました。
二子玉川東急フードショー内オカッテ岡山県物産会で「料理教室仕立ての実演試食&ランチ提供」をいたします
【ダイキフーズさまHP掲載】乾物八百屋の栄養価って生野菜と比べてどれ位残ってるの?乾燥野菜に興味がある方におすすめの記事です。実際に調べてみました。
 
 

この記事を書いたのは…

五十嵐 豪

フードクリエイティブファクトリー代表取締役/しかない料理研究家/ヘンタイ祭り実行委員責任者 21歳大学生で所持金4万円、未経験から料理研究家に。農水省、経産省、サントリー、味の素など行政/大手企業のキャラクターやレシピ開発を担当。TVでは日テレOha4、BSの番組でレギュラーコーナーをもち、Jcom男子料理道場のMC兼プロデューサーを担当。FCFではコンテンツマーケティング戦略を得意とし、人材採用・プロモーションの分野で高いROIでターゲットを獲得する実績をもつ。和食会席大手の北大路の採用獲得コスト75%減などプロジェクトでは高い結果を得ている。日本武道館で5000人を前に「ヘンタイであれ」とスピーチしたことがある。