フードクリエイティブファクトリー代表のイガゴー(@GoGoIgarashi)です。

レシピ動画の制作実績と料金を紹介します。

 

レシピ動画の価格表(料金表)

一般的にレシピ動画の相場は単品150,000円、30本〜100本一気に作るボリュームディスカウントが効いて1本100,000円〜です。(弊社でも単発でご依頼となる場合、1本150,000円〜となっています。CM制作レベルのセットと撮影進行は別料金です。)

FCFではレシピ動画定期便サービス「#ツクッテ」という月額契約により、1本の単価を安く制作しています。

強みが「運用して結果をあげる実績」なので、弊社では単発での受託ではなく、コンテンツ戦略をプランして結果を作るまでサポートしています。

レシピ動画単体で利益を上げるよりも、レシピ動画を作って、SNSを活用して見込み客を獲得するまでをワンストップで手がけさせていただくことで細く長いお取り引きをさせていただいています。

 

C Channel様の事例:平均Like数11倍獲得

C Channel様は、弊社を退職したスタッフからの紹介で面談しました。

レシピ動画を拡充したく、自社制作を含めて数社ベンダーに依頼して急速にコンテンツ拡充を狙っていました。

そのうちの1社がフードクリエイティブファクトリーです。

 

弊社では元々よりぐるなび様のオウンドメディア発足当初から企画〜制作をワンストップで支援し、SNS拡散がほぼなかった時代からホームランを飛ばし、累計40万件以上のSNS拡散を獲得するなどしてメディアスケールに一役買ってきた実績がありました。

そこでC Channel様のユーザー向けにウケるであろうように作った企画がこちらです▼

こちらの動画がCchannel内で 28.8万Like獲得しました(他社平均値が 424Like)

こちらの動画がCChannel内で 6900Like獲得しました

 

無作為に新着レシピから11レシピを抽出して比較しましたが、全体的にFCFの企画が平均を越えていることがわかります。

ベーコンカップエッグのようなホームランを飛ばしたことで全体のLikeが底上げされています。

 

反応の悪いレシピ動画はいくつ作ってもムダ、反応の高いレシピ動画を作れ

反応の悪いレシピ動画は作るだけムダです。

1本で11倍の働きをするレシピ動画を着実に積み重ねていく方が投資対効果が高いです。

FCFではマーケティング視点からコンテンツを作るため「誰にどんな反応をしてほしいか」からコンテンツを作ります。

自社でコンテンツ運用、SNS、広告、メディアサイトをワンストップで行なっているノウハウをクライアント様に提案しています。

 

FCFが「反応率高い」レシピ動画を「価格安く」作れる理由

1.キッチンスタジオ/スタイリング/機材は自前で完備

2.企画〜制作まで自社で内製

3.これまで作ってきた数字の実績から、フォロー獲得やサイト流入獲得の戦略を提案

FCFではクライアントと結果を積み上げていく会社なので、長期的に契約する企業様の制作料金は非常に安いです。

安さは「価値との比較」なので、こんなに戦略を丁寧に作ってくれて、結果を出してくれるのに安いと感じていただけるようにしています。

 

▼提供サービス

1レシピ動画80,000円〜のレシピ動画定期便サービス #ツクッテ

 

こちらからお問合せください▼

 

FCFが得意なコンテンツマーケティング戦略が漫画で読める「オウンドメディア運用虎の巻」▼

 

この記事を書いたのは…

五十嵐 豪

フードクリエイティブファクトリー代表取締役/しかない料理研究家/ヘンタイ祭り実行委員責任者 21歳大学生で所持金4万円、未経験から料理研究家に。農水省、経産省、サントリー、味の素など行政/大手企業のキャラクターやレシピ開発を担当。TVでは日テレOha4、BSの番組でレギュラーコーナーをもち、Jcom男子料理道場のMC兼プロデューサーを担当。FCFではコンテンツマーケティング戦略を得意とし、人材採用・プロモーションの分野で高いROIでターゲットを獲得する実績をもつ。和食会席大手の北大路の採用獲得コスト75%減などプロジェクトでは高い結果を得ている。日本武道館で5000人を前に「ヘンタイであれ」とスピーチしたことがある。