10154355_601903889901029_16475632_n

中小企業庁 岡山県中小企業団体中央会さまで「料理研究家による食べ方提案 〜食べ方提案で広がる商品の魅力〜 守る・受け継ぐ・伝承する」というテーマで、食品を扱う企業さまに五十嵐ゆかりが講演いたしました。

食べ方提案があると会社に、人に、商品にどんな力づけがあるのか、どんな提案があるといいのか、などについてお話させていただきました!

食べ方提案についてお伝えしたときにより深く理解して頂けるよう、今後も私自身が食べ方提案について探求していきたいです。

この記事を書いたのは…

五十嵐 豪

フードクリエイティブファクトリー代表取締役/しかない料理研究家/ヘンタイ祭り実行委員責任者 21歳大学生で所持金4万円、未経験から料理研究家に。農水省、経産省、サントリー、味の素など行政/大手企業のキャラクターやレシピ開発を担当。TVでは日テレOha4、BSの番組でレギュラーコーナーをもち、Jcom男子料理道場のMC兼プロデューサーを担当。FCFではコンテンツマーケティング戦略を得意とし、人材採用・プロモーションの分野で高いROIでターゲットを獲得する実績をもつ。和食会席大手の北大路の採用獲得コスト75%減などプロジェクトでは高い結果を得ている。日本武道館で5000人を前に「ヘンタイであれ」とスピーチしたことがある。