フードクリエイティブファクトリー(以下FCF)代表のイガゴーです。

前回の募集から1年半経ちました。

制作チームはいいクリエイターが育つ仕組みができてきたので、5人目のスタッフ募集をはじめます。

 

今回は営業職を募集します!

未経験もOKですが、特に1〜2社目で営業を経験して、成長のためにセカンドステージで力を伸ばしたい人。

営業のない会社で、営業チーム立ち上げに一緒にチャレンジしてくれる方を探してます!

そのうち起業したくて、もう一つゼロから立ち上げするような仕事を経験して力をつけてから…という方。

ここで結果が作れればどんな起業しても大丈夫ってくらい自信がつきます。

会社の営業の仕組みづくりにコミットしてチームに貢献いただければ、起業後もイガゴー並びFCFがサポートします。

もちろん副業もOKです。

 

Index

・どんな仕事をやるの?

・どんな条件なの?

・どんな会社なの?

・どんなサービス?

・FCFのこれから

・こんな人にきてほしい/来ないでほしい

 

・どんな仕事をやるの?

役割は営業チームの立ち上げ、チームの組織的な仕組み化です。

 

1★営業オペレーションをつくる

・リード獲得のスクリプト作成

・初回面談/ヒアリングのスクリプト作成

・提案のトークスクリプト作成

・カスタマーサポートのスクリプト作成

・メルマガのコンテンツ企画のガイドライン作成

 

営業の仕組みがゼロなので、まずは営業に動きながら、スクリプト(指示書)を作っていただきます。

リード獲得単価、成約率、リピート率、購買頻度、購買期間をあげるようスクリプトを改善し、小さくとも黒字化が見えたら新たに1名採用します。

 

2★営業スタッフの採用面談と研修

・面談のスクリプト作成

・研修のスクリプト作成

 

採用したスタッフに研修しながら研修スクリプトを作成します。

新人スタッフが成約率、リピート率、購買頻度、購買期間を継続的に成長させられるように、スクリプトを改善します。

黒字化までの研修期間が見えたら新たに数名採用します。

 

★営業チーム運営

・役割とスクリプト作成

・チームの生産性向上の改善

・採用募集のガイドライン作成

 

チームが継続的に成長させられるように、スクリプトを改善します。

営業チームの立ち上げプロジェクトは上記で完了です。

 

★チーム立ち上げ後のキャリアパス

FCFの職場が気に入って、この先も営業チームを強くするならシニアマネージャー(部長ポスト)>営業執行役員>取締役のルート。

より王国を発展させましょう。

 

今度は新しいサービスや事業立ち上げにチャレンジしたいなら事業開発>事業開発 経営企画 執行役員>取締役のルート。

無人島に家、村、町を作りましょう。

分社化して社長やって会社を作っていくルートもあります。

 

自分の資本で起業したい人は退職して起業のルート。

ご要望あれば起業に必要だったこと、起業後にFCFとしてサポートすることも考えます。

SNSやコンテンツやデザイン、プロモーションに頼もしいメンバーがいるので心強いのではないかなと思います。

(競業避止、顧客やスタッフの引き抜きはできないよう誓約書をいただきます)

 

・どんな条件なの?

職種:営業(名刺の肩書きはマーケティング/プロデューサー)

業務内容:上記参照

給料:経験者は250,000円〜300,000円よりスタート(経験・実績によって決めます)

*未経験者は別途相談

*契約社員期間は時給で計算します

勤務地:中野区松が丘1-10-20 株式会社フードクリエイティブファクトリー

勤務時間:9:00-18:00

休日出勤:年にあるかないかですが、今後ないと言い切れないので必要に応じて対応をお願いします(1週間以内に振替休暇制)

雇用形態:正社員(6ヶ月間の契約社員契約のち正社員化)

有給休暇:入社6ヶ月後から勤続年数に応じて支給(社員は気兼ねなく有給を活用してます。遊ぶのは大事。休暇使途は不要)

社会保険:あり

通勤手当:新井薬師前または中野駅までの電車定期代を付与

試用期間:3ヶ月(試用期間中に上記の人物像でないと判断、または虚偽が発覚した場合は契約解除できる)

営業手当:ランチ外食、ノマド作業のカフェは各上限を決めて一部支給

営業用スマホ、パソコン:支給

クライアントとの飲み会の費用補助:あり+飲みニケーション奨励金支給

副業:OK(副業は人を成長させると考えているので歓迎)

*競業避止義務契約、守秘義務契約は必須→会社と競業する副業、会社で知り得た情報を流すのはNG、それでも実行した場合は事情にかかわらず解雇+速やかに法的措置となります

SNSなど:自己責任でお願いします(当人の行為による損害賠償が発生した際に会社は責任を負えません。会社が損害を被った場合は当人による賠償)

所属期間中に関与した制作物の著作権はFCFに帰属します。

 

どんな会社なの?

この動画はFCFの理念を絵本にした幸せゴリラです。

ゴリラのように大切な人との暮らしを穏やかに楽しく生きる人を増やす会社です。

 

どんなサービス?

ECメディア事業

暮らしを穏やかに楽しくする食のコンテンツブランドを運営してます。

スタートから1年で総フォロワー数は22万以上。

今後もっとたくさん役立てていただけるコンテンツをつくりながら、ECを組み込み、FCFの基幹事業に育てます!

しかない料理天国 Youtube

・しかない料理のイガゴー インスタ Twitter

ラク速レシピ

お絵描きcooking

糖質制限つくりおき

 

プロモーション制作事業

FCFのプロモーション制作事業ではSNSで集客できる制作会社というポジショニングです。

自社でSNSを使ってコンテンツ運用している知見から、プロモーションに困った企業にアドバイスします。

 

・SNS運用/コンサルティング  ▶︎実績はこちら

 

・サイト制作    ▶︎実績はこちら

 

・動画      ▶︎実績はこちら

 

・コラム    ▶︎実績はこちら

 

・デザイン   ▶︎実績はこちら

 

こちらクライアントのインタビューの動画です。

同社は売上好調ながら人材採用に困り、入社3名に対して離職者17名という危機でした。

そこでFCFが関わったら年5000万円の採用費7割減&獲得数6倍さらに離職者が0名に!

めちゃ喜んでいただけてませんか?

僕が本件のプロデューサーを担当してたので、インタビューしながら軽く泣きました

詳しくはインタビューを元に作った漫画をご覧ください

 

クライアント担当者の手柄をつくるというのはBtoB営業で最高に偉大な手柄だと思います。

 

 

SNSは素晴らしいツールです。

制作会社ってどこに頼んでも”いい感じの制作物 “って作れると思うんですね。

でもSNSはマーケティング能力の差を数字で出してくれるじゃないですか。

お客様の立場としては、いい感じの制作物を求めてるんじゃない、お客様に刺さるコトを求めてるんだ、と思うんですよ。

だからFCFは自社サービスで運用して得た知見をお客様に提供するコトで、お客様に喜ばれてるのです。

 

お客様と対等な築き、良いことも、悪かったことも、正直に率直に言い合えるパートナーシップをつくる。

そんな仕事をしてたら誇りが持ててしょうがないです。

だから1年経って、気づくとすごい成長してるんです。

 

 

FCFのこれまでとこれから

これまでと経営的課題

元々僕が21歳 所持金4万円で料理研究家になりたくて始めた個人事業です。

自分の「やりたい」を実現させるために当時は起業しかありませんでした。

・国の仕事

・シンガポールや香港での仕事

・食の地方創生

・大手企業のマーケティング

・本を出版する

・テレビ番組の企画制作

色んなやりたいを叶えてきて、「やりたい」を叶えるって素晴らしいことだと改めて思います。

FCFでも社員の「やりたい」を誰より応援したいし、そういうスタッフの応援団な職場でありたい。

もっともっと、膨らんだ夢が実現できるように、社員の「やりたい」を叶えられるように、ビジネスの基盤を強くしておきたいのです。

だから営業チームをつくり、計画的に成長できる会社にしたい。

 

課題は組織に営業機能がないので、案件を完了したらそのままになってしまうことです。

いい商品やサービスもリピートを促して習慣化する仕組みがないとなかなか定着しません。

そこに今回、営業プロデューサーの活躍していただきたいと思うのです。

 

FCFの経営指標の課題は「客数」です。特に「既存客維持」が弱いです。

新規のお客様の満足度は高いものの、既存のお客様への接触頻度と商談密度が他社に比較して弱いため、流れてしまいます。

そこで営業プロデューサーにはプロデューサーが週1回既存のお客様にアプローチし、2週に1回は提案にいってほしい。

 

 

これから

暮らしを穏やかに楽しく生きる人がもっと増えていって、私たちの周りにはそんな素敵な友人や家族で溢れる世界をつくりたいです。

そのためにまだまだFCFとしてやっていきたいチャレンジがあります。

チャレンジをするのに一緒に働いてて気持ちがアガる、素晴らしいチームをつくりたいです。

 

ミライロ商店を成長軌道にのせたら、僕は「こども料理塾クックルー」という店舗型の教育事業のスタートアップをやります。

こどもをスイミングスクールに預けるような感覚で、第三者の信頼できる大人が見守って料理を学ぶんです。

こどもも家族というチームの一員として、料理に参画するコトでたくさんの学びと、親御さんの負担を減らして、大人もこどもも軽やかに生きられる社会を作りたいです。

 

素晴らしいチームを作って、限られた人生の時間を色んなチャレンジして笑って暮らせるように会社を作っていきます。

 

素晴らしいチームを作るためにFCFがやってること

・マインドフルネス

禅の瞑想から宗教要素を抜いたものがマインドフルネスです。

頭はすっきりするし、身体から力も抜けて、心地よく働けます。

FCFでは毎日始業から18分みんなでやります。年間業務時間の4%は目をつぶってる会社です。笑

僕も毎日続けたいので会社の業務に取り入れて習慣化して2年以上やってます。

 

・コミュニケーショントレーニング/コーチング

コミュニケーションを大切にしています。

コーチングは「人がイキイキしながら前進して結果をつくるためのコミュニケーション」です。

チームの成長、スタッフの暮らしの充実を意図して導入しています。

 

こんな職場イヤじゃないですか。自分が働きたくない▼

・人を傷つけるコミュニケーションが平気で行われる人と働く職場

・関係者に対する不満やグチを、当時者に言わないで他所で言い合う飲み会がある

・問題が起きたときに「誰々のせい」にして 自分がそこにいない上司や部下

 

FCFではなんでも言える関係を作り、安心して働ける安全なコミュニケーションの環境を作ってます。

 

・朝のクリアリングタイム

始業5分前に集合して、職場空間を整えます。

ゴミが放置されていたら気づいて片付けるし、掃除や整頓はこの時間にやります。

 

・今日の意図とシェア

マインドフルネスが終わると、今日の仕事に臨む意図をそれぞれ話します。

仕事に自分ごとで取り組むことを大切にしてて、自分の意図で働いて欲しい。

シェア会ではうまくいってないことをシェアして、チームメンバーからフィードバックを受けられる場です。

 

・18時定時

広告業界は残業時間ワースト1の業界ですが、スタッフに暮らしを大切にして欲しいから2014年からFCFでは18時を定時にしています。

遊ぶ時間や、トレーニングの時間、何もしない時間、副業、家でゆっくりご飯を作って食べたり、色んなことに時間を使って自分を楽しませて欲しいです。

 

・まかないランチ

13時〜14時は昼休みです。

FCFでは試作、撮影で作った料理や、撮影の食材がいっぱいあるので、賄いをみんなで用意して食べてます。

ご飯を食べてると、色んな雑談をしますよね。

フリーランスや一人で会社をやってた時代は一人でご飯食べることも多いので、一緒に食べる誰かがいるっていいなと思います。

 

・社内飲み会しない

社内でコミュニケーションを図るための飲み会はしてません。

飲み会じゃなくても、言い合える関係を作りたいので、コミュニケーションに課題があるときは日中の業務時間に解決します。

この方針は今の会社の規模で全員の顔がわかるから成り立つのかもしれません、今後も続けるかはわからないけど今はこれがいいと思ってます。

 

こんな人にきて欲しい

企画力が素晴らしくなくても、話が上手でなくてもいいです。

アイデアやスキルは後から成長するから。

 

2〜3年後にはお客様が「なるほど」と膝をつくようなアイデアや、「あなたとは何か一緒にやりたいんだよね〜」って好かれる人になります。

成長によって、提案の受け入れられ方は大きく変わるし、得られる信頼関係と繋がり、お客様の喜びややり甲斐も変化します。

もし営業経験の浅い人なら、成長までのプロセスを諦めずに淡々と取り組み続けられる人、トレーニングし続けられる人とチャレンジしたいです。

 

・明るくて軽やかで高いエネルギーの人

・フィードバックや注意を素直に聴いて自分を改善する人

・チームの生産性を成長させることにコミットする人

・自ら課題を見つけて、改善と成長に取り組む人

・できるかできないか、ではなく「まずやってみよう」と動く人

 

職場づくりのために、下記に当てはまる方はお断りしています。

間違った採用をしてしまうと、貢献度の高い人から順にストレスで職場が嫌になってしまいます。

大切にするべき人を大切にする会社のあり方から、入社後に発覚した際は健全な場づくりのために速やかに退職いただくことにしています。

 

・何かうまくいかない時、自分ではない何かのせいにする人はNG

・他者からのフィードバックや注意を素直に聴けない人はNG

・暗い、重い、軽やかさがない人はNG

 

「自分ではない何か」のせいにしてる間は成長できません。

でも「自分のせい」にするのも違うんです。

犯人探しをしないで「自分がどんな在り方でいると機能するか」だけを振り返って違いを作れば◉なんです。

何かの「せい」なんていらないんだよー!軽やかに働く人と僕は働きたいです。

 

ここまでよんで、いいなと思ったら、すぐに応募してください!

エントリーはこちらからお願いします。

この記事を書いたのは…

五十嵐 豪

フードクリエイティブファクトリー代表取締役/しかない料理研究家/ヘンタイ祭り実行委員責任者 21歳大学生で所持金4万円、未経験から料理研究家に。農水省、経産省、サントリー、味の素など行政/大手企業のキャラクターやレシピ開発を担当。TVでは日テレOha4、BSの番組でレギュラーコーナーをもち、Jcom男子料理道場のMC兼プロデューサーを担当。FCFではコンテンツマーケティング戦略を得意とし、人材採用・プロモーションの分野で高いROIでターゲットを獲得する実績をもつ。和食会席大手の北大路の採用獲得コスト75%減などプロジェクトでは高い結果を得ている。日本武道館で5000人を前に「ヘンタイであれ」とスピーチしたことがある。