基本のあんことお汁粉の作り方

img_1323
今日は鏡開きですね。

FCFでは、お汁粉にしてお餅をいただきました。

FCFスタッフの多くは関東出身で、毎年11日に鏡開きをしています(松の内を15日とするところでは、鏡開きを15日または20日にすることが多いのだそう)。

今年は五十嵐ゆかりの伯母さんの畑で収穫した小豆をいただいたので、粒あんを作ってからお汁粉にしました。今回作った粒あんは、2種類の砂糖を使用するのがおいしく仕上げるポイント!粒あんとお汁粉の作り方をご紹介します。

■粒あんの作り方

きび砂糖と黒砂糖を組み合わせることで複雑な甘みが加わり深みのある味わいに仕上がりますよ。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-11-17-33-40
 (材料:作りやすい分量)
小豆…250g 
Aきび砂糖…100g
A黒砂糖…20g
塩…ひとつまみ

(作り方)
1.鍋に小豆とひたひたの水を入れて強火で熱し、沸騰したらお湯を捨てる。これをもう1回繰り返す。

2.鍋に小豆を戻し入れ、小豆がかぶるくらいのひたひたの水を加えて強火で熱し、沸騰したらふつふつするくらいの温度(弱火〜弱めの中火くらい)で小豆がやわらかくなるまで1時間ほど煮る。 
※小豆がお湯から顔を出さないよう、お湯が少なくなったら足す。

3. 2の小豆がひたひたになるくらいまで水を足したら強火で熱し、ふつふつしてきたらAを2〜3回に分けて加えて中火で煮る。水気が少なくなってきたら塩を加えてヘラですくったときに滑らかに落ちるくらいまで煮たら、ヘラで半量くらいをつぶす。

・完成してすぐに食べてもOKですが、ひと晩おくと味が馴染みます。

粒あんを作ったら、水と砂糖を足して温め、おもちと一緒に器に盛ればお汁粉に^^!
img_1338■お汁粉
自家製あんこは甘さを控えめに作っているため、お好みできび砂糖を足してください。

(材料:2人分)
切り餅…2個
あんこ…150g
水…80ml
きび砂糖(お好みで)…大さじ1

(作り方)
1.切り餅をこんがりと焼く。

2.鍋にあんこ、水、きび砂糖を入れて混ぜたら中火で温め、きび砂糖を溶かす。

3.器に切り餅と2を盛る。

・お好みで仕上げにきな粉や黒すりごまをかけるのもおすすめです!

あんこ作りは茹でるのにやや時間がかかりますが、難しい工程はなく意外と簡単に作れます。ぜひ作ってみてはいかがでしょうか?

手作りしたあんこは味わい深くてとってもおいしいですよ!