【ダイエット】レモンとお湯だけ!ホットレモン水の美容パワーと効果的な飲み方

032302

こんにちは!

料理研究家・栄養士の梅原けいです。

暖かくなってきて、これからさらに薄着になる季節。

そろそろダイエットを始なきゃ!と思っている方も多いのでは?

色々なダイエット法があふれていますが、今回ご紹介するのは面倒なことは胃一切抜きのシンプルな方法。

用意するのはレモンとお湯だけ!

朝起き抜けに白湯にレモンを絞って飲むという美容法で、その手軽さからも毎日続けやすく、効果が高いことで知られています。

 

■ホットレモン水を飲むことで期待できる効果5つ

1 ダイエットに効く!

レモンにはペクチンと呼ばれる食物繊維が豊富で、ホットレモン水を飲むことでお腹が空きづらくなります。また、熱いお湯と組み合わせることで、便秘解消効果やデトックス効果がさらに高まり、むくみ解消に繋がります。

さらに、毎日レモンの酸味を感じていると味覚が変化し、濃い味を好まなくなるとも言われています。自然と糖分や脂質の高い食べ物を避けるようになり、余分なカロリー摂取を防ぐ効果があります。

2 美肌効果がある!

レモンのビタミンCには、シミやシワの予防効果があります。血液中の毒素を排出させてくれるので、シミやしわなどの年齢による悩みにも効果的。
またレモンに多く含まれるクエン酸には、腸内の悪玉菌を殺菌する働きがあります。腸内環境が整うことで美肌効果が一層高まります。

3 口臭予防対策も!

レモンのクエン酸には、口臭の原因となるたんぱく質を分解する効果があります。よってホットレモン水を口に含むことで、朝に気になるニオイやねばつきなどをサッと鎮めてくれます。また唾液の分泌を活発にしてくれるため、口内の乾燥が予防され、口臭予防効果が持続します。

4 目覚めがすっきり!

朝起きて最初にホットレモン水を飲むことで、水分が補給されて体が目覚めます。また、クエン酸の働きが胃と脳を起こしてくれ、スッキリ目覚めることが可能です。

5 風邪予防ができる!

レモンのビタミンCは免疫力を高める効果もあり、風邪予防に役立ちます。
また、クエン酸は疲れの原因である乳酸を分解して体外へ排出する働きがあるため、疲れ予防にも効果的です。

 

■ホットレモン水の作り方

1、コップにお湯200ccを入れる。
2、生のレモン1/2個を絞り、1に加える。

 

■ホットレモン水の効果的な飲み方と注意点

体の中に成分が浸透するため、朝一番に飲むことが最も効果的です。ただ、ホットレモン水は濃度が高すぎると胃に負担がかかることもあるので、特に胃の弱い体質の人は空腹時を避けて飲むほうが無難です。飲みすぎには注意し、1日1杯~2杯程度にしましょう。市販のレモン果汁では効果が薄れてしまうため、生のレモンを絞って作ることをお薦めします。

 

■アレンジレシピ「ホットミントレモン水」 

普通のレモン水に飽きたら、ミントを加えてみましょう。
爽やかなフレーバーが加わり、一層美味しく頂けます。

032301

■作り方

1 ホットレモン水を作る。
2 ミントを適量加える。

 

今から始めれば1ヶ月後には大きな効果出るかもしれません。毎日続けることで肝心なので、夏に向けてダイエットを間に合わせたい方は、ぜひ今日から始めてみて下さいね。

コメントを残す